忍者ブログ
今日もいちにち元気よく。
[1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私はスポーツが嫌いなので、カテゴリーに「スポーツ」っていうのがなかったw
今後東京オリンピックも見据えて、作っておくべきかな。
(それまでブログ続けるつもりなのかよ!!!)


さて、レッドソックスがワールドシリーズを制して一晩たった。
いや~本当におめでとう!
でもって嬉しい!!!
ここ数日(地区シリーズあたりから)は午前中なぜかおたけびが聞こえて、ご近所の方も迷惑していたに違いない。申し訳ない。

私がレッドソックスを好きなのは、ボストンに住んでいたからで、それ以外のなにものでもない。

去年はレッドソックスなにそれ?と言っていたことは内緒だw(ボビー・バレンタインが監督だったせいで、地区最下位だったのだ)

日本にいると、なかなかレギュラーシーズンの試合も見られなかったが、見られるときは今年は見たw
9月ごろの夫へ出したメールには

「地区優勝くらいはできるといいね」

と書いてある。弱気であるw(すでにその時レッドソックスにはマジックがついていたのに)
そうそう簡単に優勝できないと思っていたのだ。
いやヤンキースが自爆してくれたのはいいんだけどね?

在住時にはフェンウェイに野球を見に行ったことがある(当時イチローが在籍していたマリナーズ戦だった。
しかし娘がぐずったため、最後まで観られなかった。とっても残念である)
だから多少は雰囲気も知っていたし、ホームで優勝してくれたらな…と、勝ち進むにつれてそう思うようになっていた(だから家で出す声がでかくry)

地区リーグのレイズも強かった。
リーグシリーズのタイガースも強かった。
なんで勝てているのかよく分からないときもあった。
カーディナルスはもちろん、どこも先発がよくて、打ち崩せる気がしなかった。

でもレッドソックスは、あのひげに象徴されるように、チームワークがひと味違ったような気がする。
投手を助ける守りが堅い。
ビッグ・パピのあり得ない打率。
ゴームスのここぞというときの一発。
そしてそして上原。と田澤。
あんなに監督に信頼され、それに応えた投手はいなかったのではないだろうか?
特に上原はチームメイトにも愛され、勝って終わった時のナポリとのハイファイブと
オルティーズに抱え上げられる、ってのが恒例になっていたし。

今年は、4月にボストンテロがあって、ボストンが(悪い意味で)注目されてしまった。
今は、良い意味で注目されている。
今年のワールドチャンピオンがボストンレッドソックスでよかった、と心から思う。

B strong!

PR
カレンダー
08 2018/09 10
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
プロフィール
HN:
TDU
性別:
非公開
バーコード
最古記事
カウンター
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
忍者ポイント広告
フリーエリア
忍者ブログ [PR]