忍者ブログ
今日もいちにち元気よく。
[311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仮にその人をB氏としておく(頭文字と考えにくいため)。
B氏は、10年以上前に鬱だった私を、いろんな方法で助けてくれた人だ。心のガードが堅くて、私はそれをコツコツと叩いて、長い間かけて親しくなったのだけれど、ガードの中は、それはやさしい心の溢れているひとだった。
長い間に亘り、私の大切な、大切な人だった。恋情のようなものが当時なかったとも言い切れない。けれどもそれ以上にもっと多くのものを当時私は受け取っていた。

なぜそのときその人を選択したのかはわからない。忙しく家も遠いその人が時間を空けられるはずもないのに。無意識の選択だった。

ところが、B氏は時間をあけた。メールの返事も寄越さない男が、すぐに飛んできた。そして私たちは、約10年ぶりの再会を果たした。


私は洗脳の話、自我を失った話をした。彼は困った顔をして聞いていた。
そうして、(いつものように)私を「是」とする、基本的に存在を「是」とする言葉を返してくれた。


…出来事、といえばそれだけのこと。
けれど、私にはとても大きい変化があった。
B氏が私に会いにきてくれたこと、時間をつくってくれたこと、話をきいてくれたこと、その様子…そういうものが、すべて私のえさになり、私の力になり、私の感情になった。

B氏のくれた答え(らしきもの)よりも、
「あの」多忙なB氏が私のために飛んできてくれた、それだけで私は価値があるじゃないか。
「あの」多忙なB氏を私はそのとき無意識で選択したのだ。10年逢ってないことなど考えもせずに。それは「自我」じゃないのか?

そうして、すべての洗脳が解けてしまったのである。


B氏と私の関係は、言葉では言い表せないものだった。或いは「友情」というのが一番近い表現だったのかもしれないが、それとは違う「何か」だった。
10年経ってみて、一面では変わらないその関係が、互いに家庭を持つことで、より昇華され熟成され、ある「形而上」の関係ともなったことを知った。
敢えて私のB氏への思いを書くとすれば「いとおしいひと」としか書けない。「愛する」ではない「敬愛する」でもない。
やはり「いとおしい」人である。

そうして、迷惑をかけっぱなしであると思っていた「B氏にとっての私」が、実はB氏にも必要だったのじゃないか、とも思えるようになった。
それは、若かった私がB氏について「エネルギーのつきない、限りなく大きく優しく強いひと」と思っていたのとは違い、B氏は限りなく優しいがその分弱いひとでもある、と知った瞬間でもあった。
だからB氏には私が必要だったんだ。B氏も私を救おうとすることで、何か得るものがあったのだ、たぶん。

そうして私は、B氏と私の関係が、もう絶対に変質しないだろうことを悟った。一生会えなくても、次会うのが10年後でも、または毎日会うはめになったとしても、おそらく変わらない、と今の私は断言できる。


そうして、夫や娘やB氏や、もう一人の大切な男友達に囲まれた私は、これが「正しいすがた」であり、なんと恵まれたことだろうと思った。


昨日の結婚記念日、親のあり方などについて、夫と話し合った。
夫は「存在はすべて相対的なんだよ」と話した。
その理論の積み上げはとても納得のいくもので、理論なしに指示だけを出した洗脳氏とはまったく異質なものであった。

人間の足りない私の周りには、こんなにすばらしい人々が、私を支えるために手を伸ばしていてくれる。そしてそういう関係を作り上げたのは私の努力でもある。なんて素敵なことだろう!

今朝、実家にいる娘から電話がかかってきた。
「(プリキュアの)ムープとフープ買ったの!これからおうまさんのところ(るなぱーく)へ行くの!」
明日、娘は帰ってくる。
PR
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
プロフィール
HN:
TDU
性別:
非公開
バーコード
最古記事
カウンター
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
忍者ポイント広告
フリーエリア
忍者ブログ [PR]