忍者ブログ
今日もいちにち元気よく。
[162]  [161]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [132
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今で言うWaTよりもルックスが少し劣った、でも可愛らしい二人組がいた。活動期間たった二年、しかし音楽シーンを変え、伝説を残し、二人が二人とも天才で、ファッションシーンまで変えてしまったグループだった。89年デビュー、91年いきなり解散。「フリッパーズ・ギター」という。

メンバーは、一人は小山田圭吾。ファッションセンス抜群で、彼のフレンチカジュアルファッションを真似する男女急増。音楽のセンス抜群で、後に「コーネリアス」として数々の楽曲を発表。昨今は「彦麻呂」みたいになってしまったのが残念である。

もう一人は、私が「お布施」を続ける小沢健二。当時大学入学したての学生。詞に抜群のセンスを示した。ソロになってからは、ロック・王子様・ジャズとくるくる作風を変え、ここ数年はNYに住んで乾いた洋楽めいたものをやっている。

さて、この二人、特に小沢が嫌い、その名を言うことさえはばかられた時代があったこのバンドの、1stと2ndアルバムがリマスタリングの上、ボーナストラックまでついて再発されるそうである。

フリッパーズ・ギターを知らない人は、ぜひ聴いてみてほしい。
16年も前の音楽なのに、まったく古くない。
(ただし1stの場合、小山田の日本語英語について行ける人限定)
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
HN:
TDU
性別:
非公開
バーコード
最古記事
カウンター
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
忍者ポイント広告
フリーエリア
忍者ブログ [PR]